エッチ 体験談

エッチな体験談 「OLの体験談」 を紹介します。
私の話を聞いてください。
私は、23歳のOLです。

7月上旬に会社の上司(37歳)と二人で取引先のある熊本へ出張に行った時の話です。
いつもは日帰りの出張ばかりなのですが、その日は自社製品の納入直前ということで、1泊2日の出張でした。

1日目の作業が無事に終わり、宿泊先のホテル近くの居酒屋で夕飯を食べに行くことになりました。
上司と2人きりでしたので、私はちょっと緊張していましたが、お酒が進めにつれて、プライベートな話もするようになりました。

先に上司の方から自分の家族についてお話してくれました。
週末は子供と遊んだり、時々手料理を振る舞うなど、良いお父さんであることが良く分かって尊敬しました。

続いて私も話をしたのですが、自然と遠距離恋愛中の彼氏の話に…。
月に1回くらしか会えないとか、最近は仕事が忙しいみたいで2ヵ月会っていないとか、メールの内容が冷たくなってきたとか、彼氏に対する不満を聞いてもらいました。

上司は、そんな私の愚痴を優しく聞いてくれて、とても嬉しかったです。
心の中では、「上司みたいに優しくて尊敬できる彼氏が欲しいなぁ」と思っていました。

翌日も取引先に行かなければいけないので、私達は早めに居酒屋を後にして、宿泊先のホテルに向かいました。

ホテルのエレベーターに乗った時、突然上司が私の手を握ってきました。お酒の勢いもあったのかもしれません。

「いやかい?」

「いえ、そんなことは…」

こんなことになるとは思っていなかったので、ビックリして体が固まってしまいました。
もう心臓がドキドキです…。

「部屋に荷物を置いたら私の部屋においで」

私は、正直嬉しくて自分の部屋ではウキウキ気分で鏡で自分の姿をチェックしていました。
遠距離恋愛中の彼氏とは2ヵ月も会ってなかったし、尊敬できる上司とエッチなことになりそうだったので、アソコがもう濡れていたかもしれません。

「コンコン」
「はい、どうぞ」

上司の部屋の扉が開いたかと思うと、いきなり濃厚なキスから始まりました。
そして、舌を絡ませながらも、服をどんどん脱がされていきます。

職場では真面目な上司ですが、その時は男そのものでした…。

ベッドの上に座ってキスをしながら、いつの間にかブラのホックを外され、荒々しく胸を揉んでいきます…

ベッドに横になると、すぐにパンツも脱がされ、、あっという間に裸にされてしまいました。

すごく恥ずかしかったのですが、うまくリードしてくれたので、私は安心して上司に身を任せています。

恋人のように優しく乳首を舐められたり、指でクリクリされて、思わす声が漏れます…。
体も自然といやらしくクネクネ動いていたかもしれません。

時々、下半身の硬いモノが私の太ももに触れて、上司が興奮しているのが伝わってきましたし、もう少ししたら、私の中に入れられると思うと、私もどんどん興奮してきました。

「若くて肌が綺麗だ… 体のラインもエッチだね」

上司に褒められた気がして妙に嬉しかったです。

その後、クリを舐めようとしてきたので、
「恥ずかしいので、それだけは止めてください」とお願いしました。

でも、上司は構わず私のクリをベロベロと舐めてきました。
私は、恥ずかしいのと気持ちいのとで頭がおかしくなりそうでした。

「ものすごく濡れてるよ。僕のを入れてほしいかい?」

と聞いてきました。

私は「うん」と答えました。

「入れてくださいって言ってごらん?」と上司。

私は、早く入れてほしかったので、喜んで
「入れてください…」
と言いました。

「じゃあ…しょうがないなぁ」
上司はニヤニヤしながら、ゆっくりと彼の大きくて太いモノを挿入してきました。

本当に立派なモノを持っていて、奥まで入れられる度に"オトコ"がわたしの中で暴れてるって感じでした…。
すごく満たされて、どんどん昇りつめて、ついに二人ともイってしまいました。

出張先でゴムは無かったので、お腹の上に出されたのですが、胸まで大量に飛び散った精液がすごかったです。

泊まりがけの出張があれば、また上司と…と期待してしまう私です。。





次の記事を読む